パロアルトのウォルグリーン、酒類の扱いに住人が反対

ウォルグリーンが申請していたパロアルト市内の2店舗での酒類の販売について、カリフォルニアアルコール飲料統制局は住人からの反対を理由に保留とした。同局によれば、ウォルグリーンが申請を行ってからEl Camino店に対して19件、Middlefield店に対して4件の住民の反対が寄せられている。理由は店舗のロケーションが住宅地や学校に近接しているため。ウォルグリーンは妥協案として販売時間の制限やフロア面積の縮小などを提案するか、住民に対しての公聴会を開き、理解を求めることができる。

Be the first to comment on "パロアルトのウォルグリーン、酒類の扱いに住人が反対"

Leave a comment

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock