波に飲まれた飼い犬を助けようと海に入った飼い主が溺死

シェルターから引き取ったばかりの二匹の飼い犬を連れてサンマテオのSharp Park ビーチに来ていた家族の母親が、波にさらわれた犬を助けようと海に入り溺死する事故があった。死亡したのは44歳になるSmithさんで、強い波に犬が飲み込まれているのを助けようと自ら海に入り、そのまま戻らなかったもの。同じく犬を助けようと海に入った夫が妻が波に飲まれていることに気がついたときにはすでに遅かったという。犬はその後自力で泳いで戻ってきて二匹とも助かっている。

Be the first to comment on "波に飲まれた飼い犬を助けようと海に入った飼い主が溺死"

Leave a comment