カリフォルニアから全米へ、自動車燃費基準をオバマが採用

カリフォルニア州が適用していた連邦の基準より厳しい自動車の燃費基準が、オバマ政権により連邦の基準として採用された。新しい基準では2016年までに自動車メーカに対して、車の燃費を40%向上しすることが義務付けられる。これにより2016年以降は燃費が35.5MPGに満たない新車はアメリカで発売出来なくなる。また、新基準には同じくカリフォルニアで施行されていた厳しい排ガス基準も採用された。

Be the first to comment on "カリフォルニアから全米へ、自動車燃費基準をオバマが採用"

Leave a comment

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock