中華料理店キッチンでの傷害事件で、容疑者が無罪を主張

昨年5月、パロアルトの中華料理店 Jade Palaceで、料理人がウエイターの一人に背中から出刃包丁で切りつけられた事件の裁判が始まり、殺人未遂の重罪に問われている元ウエイターは罪状認否で無罪を主張した。関係者によれば、事件が起きた当時被害者の料理人と元ウエイターの間で揉め事が続いており、耐えかねた元ウエイターが料理場にあった出刃包丁で背後から複数回背中を切りつけた後、逃走したとされている。事件後警察は警察犬を導入して周辺を捜索したが見つからず、翌日になりフリーモントの自宅に戻ったところを逮捕された。元ウエイターは、切りつける直前に料理人が襲いかかってこようとしたため、正当防衛だったと主張している。

Be the first to comment on "中華料理店キッチンでの傷害事件で、容疑者が無罪を主張"

Leave a comment

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock