サンタクララカウンティも使い捨てレジ袋禁止へ

サンタクララカウンティのスーパバイザはカウンティが直接管理している地域において、使い捨てのレジ袋の配布を禁止する提案について昨夜投票を行い可決した。実現にむけて10月に再度投票が実施される。対象となるのは地方自治体の無いエリアで、カウンティ内でもパロアルトやサンノゼではすでに自治体レベルでレジ袋禁止されている。(サンノゼでは実施は来年1月から)。カウンティの方針ではビニールのレジ袋に限らず紙の袋も含めて使い捨てレジ袋を店舗が配布することを禁止する。肉や野菜を包むための小さな袋は対象とならない。
一方、すでにビニールの使い捨てレジ袋を禁止したサンフランシスコでは、法の目をくぐって「再利用可能」と書かれた厚めのビニール袋を使用する店舗が増えており、問題になっている。



マイバッグ持参で買い物に行くのがよいのでしょうが、いつも持ち歩いているわけでもないので、リサイクル原料でできて、かつごみになっても分解しやすく地球にやさしい使い捨てレジ袋、ってのはできないのかな。

Be the first to comment on "サンタクララカウンティも使い捨てレジ袋禁止へ"

Leave a comment

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock