アルコール検知器に問題が見つかり、飲酒運転の一部が無効に

サンタクララカウンティでは、路上で飲酒運転の検査に使われるアルコール検知器の精度に問題があった可能性があるとして、過去の858件のファイルの再調査を行っている。これまでに、5%にあたる42件が、検知器の誤りの可能性がるとして違反が無効となった。問題が明らかになったのは、路上で検査を受けた後、警察署で再検査を受けたところ、路上よりも大幅に数値が低く飲酒のレベルに達していないケースがあったことがドライバーの弁護士により指摘されたため。このため、2度目の警察署での検査を拒否したドライバーや、再検査そのものを行わなかったケースについて、路上の検知器の数値だけでは証拠として不十分となったた。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock