18歳までの子供全員に集団予防接種を提案

インフルエンザの予防接種についての調査を行っていたFederal Advisory Panel(米連邦諮問委員会)は、米感染症コントロールセンターに対してインフルエンザの予防接種を6ヶ月から18歳までの全児童に義務付けることを提案する調査結果を提出した。これが取り入れられれば、強制ではないものの18歳以下の全米の児童3千万人が予防接種を受けることになる。調査では、インフルエンザに感染していても家庭の事情などで学校に送り込まれる児童が多いため、学校から感染が広がるケースが多いとして、18歳以下の児童全員に予防接種を受けさせることでインフルエンザの広がりを抑えようというもの。アメリカでは毎年3万5千人がインフルエンザが原因で死亡している。

Be the first to comment on "18歳までの子供全員に集団予防接種を提案"

Leave a comment

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock