ガソリン急騰で需要落ちシリコンバレーHUMMER、閉店へ

原油価格の高騰で夏までには1ガロン4ドルを超えると言われているガソリンの値上がりの影響を受け、低燃費贅沢SUVの象徴とも言えるHUMMERの売り上げが落ち込んでいる。全米で2007年に販売されたHUMMERは5万5千台、2006年の7万1千台を大きく割り込んだ。HUMMERの不振はシリコンバレーでも同様で、サンタクララのHUMMERディーラーでも2006年には278台が販売されたのに対して、2007年には141台しか売れなかった。このため、オーナーのBattistella氏はGMのフランチャイズで始めた同ディーラーを3月一杯で手放すことを決断した。同ディーラーはGMが買い取り、GM直営のディーラーとなる予定。

Be the first to comment on "ガソリン急騰で需要落ちシリコンバレーHUMMER、閉店へ"

Leave a comment

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock