ティーン女子の26%が性病に感染、政府調べ

連邦政府が行った14歳から19歳の女子を対象に実施した調査で、四分の一を超える26%がなんらかの性病に感染していることがわかった。調査の対象に選ばれた838人のうち、性交渉の経験があると答えた回答者の性病感染率は40%。HPV(Human Papilloma Virus:ヒトパピローマウイルス)の感染が一番多く、全体の18%から感染が確認された。次の多かったのはクラミジアで4%、トリコモナス病が2.5%、ヘルペスが2%と続く。人種別では、黒人の48%が性病に感染していて最も多く、白人とラティノの感染率はそれぞれ20%だった。この割合をそのまま全米にあてはめると、3百万人を超えるティーン女子がなんらかの性病に感染している事になる。

Be the first to comment on "ティーン女子の26%が性病に感染、政府調べ"

Leave a comment

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock