射殺されたマウンテンライオンに同情の声

土曜日に南サンノゼの高齢者コミュニティでに迷い込んだマウンテンライオンが、警察により射殺されたことについて、マウンテンライオンが当時怪我をしていたらしいことなどが伝えられると、射殺はやりすぎだったのではないかとマウンテンライオンに同情する声が上がっている。警察では、マウンテンライオンを発見した当初は、麻酔銃を利用する予定だったが、地域のアニマルコントロールには大型のマウンテンライオンに効く麻酔銃の装備がなかったため、カリフォルニア州の狩猟局に連絡したが、週末だったこともあり、麻酔銃を持った担当者が周辺にいなかったため、民家のバックヤードで休んでいたマウンテンライオンに対してやむを得ず銃を発砲して射殺したもの。
マウンテンライオンはカリフォルニアでは保護された野生動物で、人間に危険がある場合を除いては殺すことが認められていない。また怪我をしたマウンテンライオンを保護する機関や施設は用意されていいない。

Be the first to comment on "射殺されたマウンテンライオンに同情の声"

Leave a comment

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock