失業手当の延長支給が今週で打ち切りに

不況で再就職が困難な状態が続いた事から、米政府は2009年の5月以降、失業手当の給付期間をそれまでの失業後26週間から、53週間に延長する救済措置を実施し、カリフォルニアではEDDが支給にあたっていたが、この延長支給が今週の土曜日で打ち切りとなる。来週以降は失業後53週に満たない受給者でも失業手当の支払いがストップする。カリフォルニア州で影響を受けるのは9万3千人。カリフォルニアの失業率は3月に11%を超え、EDDは毎週3億1千万ドルの失業手当を支払っている。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock