精神障害者ケア施設で虐待が発覚

サンノゼの高級住宅街にある民営の精神障害者ホームで、10年以上に渡り入居者らが劣悪な環境下での生活を余儀なくされ、日常的に虐待を受けていたことが発覚した。入居者の家族の一人が面会を申し込んだ所、拒絶されたため不審に思い警察に連絡。警察が訪問したところ、腐った食品や25匹いるやせ細った犬たちの糞尿がまみれた施設内には、鍵のかかった部屋に3人ずつ押し込められ、水道はとまっており、冷蔵庫には鍵がかけられていた。救出された10数人の入居者の一人によると、内部での行動は厳しく監視され、勝手な動きやケアテイカーの意思に沿わない行為は殴る蹴るの懲罰の対象になったという。
残念ながら、低所得で年配の精神障害者が入れる施設が少ないため、このような劣悪なサービスを低価格で提供するホームは後を絶たないという。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock