運転中の携帯電話操作摘発キャンペーン

法律化から5年を記念し、CHPを始めとするカリフォルニアの警察機関が合同で運転中の携帯電話の使用の一斉取締を実施する。カリフォルニアでは2012年だけでも40万人以上が不注意運転で切符を切られており、2009年から3割も増加している。この内、携帯電話の操作による不注意運転は2万1千件。全米では毎年130万人が不注意運転で事故をおこし、3300人が死亡している。携帯電話操作による不注意運転の罰金は初回が159ドル、2回が279ドルとなっている。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock