サンタクララの新しい特産品:グーグルグラス


グーグルが開発を進めているメガネ型ウエアラブルデバイスのGoogleGlassが、地元シリコンバレーのサンタクララ市で製造されることがわかった。ファイナンシャル・タイムズの報道によれば、グーグルは台湾の鴻海精密工業社と協力して、グーグルグラスの製造組立ラインをサンタクララ市内の工場に準備している。グーグルグラスは年末の一般販売にむけて最終調整中で、来月から一部の開発者向けに1500ドルで開発者先行販売を始める。