サンノゼのレストランがCOVID補助金350万ドルを不正使用

サンノゼのシーフードバフェTOMI(日本人経営のトミ寿司とは無関係)がCOVID禍で経営困難なレストランを救済する資金から500万ドルの支給を受けたが、そのうちの350万ドルをオーナーの個人宅のリファイナンスや投資、自動車の購入、ラスベガスのカジノなどで使用したことがわかり、詐欺の疑いで連邦大陪審により起訴されている。レストランの補助金は店内飲食禁止などで売り上げが落ち込んだり、従業員に給与が払えないレストランを救済するためのもので、用途はレストラン継続に必要な経費に限られている。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock