アメリカン航空、SFベースを撤退

アメリカン航空はサンフランシスコの客室乗務員基地を閉鎖し、現在403人いるサンフランシスコベースの乗務員に他のエリアへの転勤か早期退職を選択させ、50年続いたSFベースでの乗務員雇用を終了することを発表した。アメリカン航空は、サンフランシスコ発着フライトサービスには影響がないとしながらも、サンフランシスコの住宅コストの増加、観光需要の減少などから将来性が低いと見限ったとみられる。

サンフランシスコは全米で最も成長の遅い主要都市ともいわれ、アメリカン航空の動きは、サンフランシスコにビジネスの魅力がなくなっていることを示している。

American Airlines to close SFO base, displacing over 400 flight attendants
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock