散歩中の犬が覚せい剤を誤飲

サンノゼで飼い犬のハスキー犬が散歩中に誤ってメタンフェタミンを誤飲してしまう事故があった。犬の様子がおかしいことに気が付いた飼い主が動物病院につれてゆき、ドラッグテストを受けたところ、覚せい剤であるメタンフェタミンを服用していることがわかった。犬は医師の措置でその後回復したが、最近このような事例が増えているという。病院では、散歩後犬の様子がおかしい場合などはできるだけ速く動物病院に連れてくることを勧めている。また、ホームレスが多い地域などでの散歩は避けることで犬が捨てられた薬物や容器をなめたりすることを未然に防ぐよう注意が必要。

Dog Poisoned by Meth
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock