子どもが学校をサボったら親を逮捕、法案上院通過

子どもが理由なく連続して学校をサボった場合、その親が責任を問われ軽犯罪として逮捕も可能となる法案が21-9の賛成多数でカリフォルニア州議会上院で可決された。法案では、年間登校日の1割以上の日数を連続して理由なく登校しなかった児童について、その親が罰せられるというもので、最大1年の懲役または2000ドルまでの罰金刑となる。但し、裁判官の判断で、子どもが学校に登校させる意思がある親には刑の実行を保留にすることができる。

Be the first to comment on "子どもが学校をサボったら親を逮捕、法案上院通過"

Leave a comment

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock