州の殺虫剤散布に住民の強い反対


カリフォルニア州の農業食料局が行っている、蛾を殺すための殺虫剤の広域散布が原因で周辺の住民の健康を害しているとして、昨日サンフランシスコで行われた公聴会に出席した多くの住人が殺虫剤の人体への安全性について疑問を投げかけ、中止を求める発言を行った。州では、今年も8月にベイエリアの5つのカウンティで、Light Brown Apple Mothという蛾の種類を殺す殺虫剤の散布をよていしているが、昨年のモントレーとサンタクルーズでの散布で周辺に住む約600人が体調不良を訴えたことなどから、人体への安全性に疑問があるとして中止を訴えた。州は、殺虫剤の散布と体調不良には直接関連性が認められないとして、これを否定している。

Be the first to comment on "州の殺虫剤散布に住民の強い反対"

Leave a comment

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock