カリフォルニア州、600万人が貧困層

センサスの統計の結果、カリフォルニア州で貧困と認められる低収入の人口が全体の16.6%に及ぶ6百万人に及んでいることが分かった。貧困層と認められるには家族構成と世帯収入、移住地域などから最低限の文化的生活するのに必要な収入以下で暮らしているケース。家族4人の場合は世帯収入が$22,811以下だと貧困層となる。2011年のカリフォルニア州の家族四人の平均世帯収入(中央値)も前年から4%減って、 $57,287となっている。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock